顔脱毛こらむ

顔のムダ毛の自己処理について


男性は毎日ヒゲを剃るので、ついでに顔の目立つムダ毛も同時に剃っているという方も多いと思います。また男性の皮膚は女性に比べると丈夫なのでカミソリやシェーバーでも平気という方が多いようです。


それに比べると女性の皮膚は薄く傷つきやすいため、カミソリなどで剃るのが怖いという方が多いのです。顔は凹凸があって剃りにくいですし、もしキズをつけてしまったらと、思うとムダ毛が気になっていても処理しないでお化粧でごまかしてしまっているという人が多いのではないでしょうか。


しかし近くで見るとうっすらとムダ毛が生えているのが見えてしまうことがあります。
自分ではお化粧でうまく隠しているつもりでも、話している相手にはよく見えていたりするのです。いくら親しい間柄でもなかなか指摘しづらいものです。


脱毛サロンには行きたくないけど、顔のムダ毛はなんとかしたいという女性は多いと思います。インターネットなどで見てみると、同じような悩みを持っている方が多く、様々な方法で顔のムダ毛を処理しておられます。


顔のムダ毛がなくなると、お化粧のノリもよくなり、顔色もワントーン明るくなるので、思い切って顔脱毛を考えることをおすすめします。


顔のムダ毛を自己処理する


顔のムダ毛をカミソリで処理しているという方が多いと思いますが、肌が比較的強いし、週に1?2回だから大丈夫と考えている人も多いようです。しかし実際にはカミソリでの処理は見えないだけで肌を小さく傷つけているのです。


こういった処理を続けていると、年齢とともに傷ついた皮膚の修復が遅くなるため、今まではなかったのにカミソリ負けするようになったり、剃り跡が赤くなったり、痒みを伴ったりするようになります。


特に毛深い方はカミソリを何度も肌を行き来するため、こういったトラブルが起きやすくなります。剛毛の方ほど自己処理は止めるべきです。


また、カミソリで毛を剃ると濃くなるという説がありますが、実際は医学的な根拠などないのです。それでもこの都市伝説的な説は消えることなく、女性の間では信じられています。その理由としては、通常1本1本の毛は先が細くなっていますから気になりませんが、カミソリで剃ることで毛の断面が大きくなることが濃く見えるため、濃くなったと錯覚してしまうのです。


また、毛は身体を守るためにあるので、カミソリで剃り続けると、防衛本能が働きせっせと濃い毛が育ってしまうということもあるのだそうです。元々うぶ毛だったのに剃り続けることで防衛本能が働いて太く濃い毛に変化してしまうということがあるようです。ですから、カミソリで処理し続けると、どんどん濃くなる可能性があることを理解しておきましょう。