顔脱毛こらむ

顔脱毛施術前と後のポイント


顔脱毛をする準備としては、


・日焼けをしない
・肌荒れしない
・むだ毛をシェービングしていく


の3点です。日焼けは施術前も後も厳禁です。日焼けして肌が黒くなるとムダ毛と日焼けした肌との区別がつきにくく、黒色に反応するマシンが間違って肌に照射されてしまい、ヤケドを引き起こしてしまいます。顔は体のどこより日焼けするので、脱毛サロンになかには夏の間の顔脱毛は行っていないというところもあります。


次は肌荒れですが、顔に赤みがあったり荒れていると、その部分を避けて施術することになりますから、通院回数が増えてしまいます。肌荒れの範囲が広いと施術そのものができないこともあります。


次はシェービング、脱毛前には脱毛する部位のシェービングしてから行きます。もしシェービングをしていない場合はその日の施術がしてもらえないサロンがあります。
サロンによっては有料でチャービングしてくれるところがありますからカウンセリング時に確認しておきましょう。


施術後のケア


顔脱毛は脱毛した後のケアがとても大切です。このケアを怠ると肌のトラブルを引き起こしてしまうので、脱毛直後のケアは念入りに行いましょう。


ただ、脱毛サロンやクリニックの多くでは、施術後のケアをきちんとしてくれるはずですから、乾燥を感じたら保湿をするという程度のケアをしましょう。通常のケアもいつもより念入りな保湿ケアをすることを心掛けてください。
その際の保湿剤は特別なものでなくてもいいのです、いつもと違うものを使うと肌に負担がかかってしまうこともあります。いつもの化粧品で丁寧にケアしましょう。


施術後に赤くなったり、痒みが出たり、ヒリヒリするようなことがあっても焦る必要はありません。脱毛直後は肌が軽いヤケド状態ですからうっすら赤みがでたり、かゆみやヒリヒリ感が出たりします。1日か2日たてば引くことが多いのです。しかし3?4日もこの症状が続く場合は、必ず専門医に相談してください。


施術後に生えてきたムダ毛は次の施術日までに処理するかどうかですが、施術から2週間ほどは処理しないでください。ただし抜く行為でなければ大丈夫です。つまりシェービングは毛周期を乱すことはないので処理してもいいのです。


そして顔脱毛完了までは日焼けに注意することが大切です。日焼け肌には脱毛の施術ができません。日焼けが引くまで施術を休むと完了までの時間が余分にかかります。
また肌トラブルがあっても施術ができないことがあります。食生活やストレスなども肌トラブルにつながりますから気をつけましょう。